「中途採用」の求人広告の出し方

求人広告を出すために、どの媒体を選ぶか(ネットか紙か)、いつ出すか、どういう内容で出すか、の3段階の思考で考えるとよいようです。

どの媒体を選ぶかということでは、営業マンの所属する会社の系列会社の広告媒体を選ぶことになるのが一般的のようです。そのためには、目先の売上よりも、内容をじっくりと精査したうえで判断をしてくれる、よい営業マンとの信頼関係を築いていくことも大切なプロセスとなります。

媒体が決まったところで、広告を出すタイミングを考えることになります。本来であれば、人材採用は計画的に余裕をもって取り組むべきですが、たいていの場合は、急いで人材を募集することになるような事態になりがちです。しかしながら、求人広告にも出すべき旬の時期があり、ベストなタイミングで出せば、優れた人材が多く集まります。ベストタイミングがいつなのかは、ベテランの営業マンの培ってきた、経験と勘に頼るところが大きいようですが、いくつかのポイントもあるようです。まず、求人雑誌の販売当日の天候です。台風や雨の予報が出ていればその週は見送ったほうがよいようです。では天気に左右されないネットの場合はどうかといえば、たとえば木曜日が情報更新後だとすれば、その週末に3連休が入る場合はアクセス数が減るという現象もみられるようです。このような各媒体の傾向を知ることで、ベストなタイミングとよい人材を逃さないことが大切です。

広告の内容については、会社の数ほど広告の出し方も違ったものになるようです。例えば、詳しい仕事内容を盛り込んだ広告に対し、ハードルが高いと感じた応募者は面接に来ない結果となってしまいます。応募者は通常、1度の転職で2~3社の面接を受けるため、できるだけ多くの応募者に来てもらうためには、広告の段階ではあえて門戸を広げておき、面接で詳細を語るというのがよい場合もあります。