広告の内容をどうするのか

求人広告を何に出すか、いつ出すか、ということは大事なことであるが、企業では会社の業務内容や、欲しい人材に関する情報をまとめ、広告の個性やデザイン、センスを考え、広告をつくることに興味を示す。しかし、何に出すか、いつ出すか、どう出すかということこそが最も大事なのである。どう出すかについてのポイントは、広告スペースの大きさと広告の価格は連動している、ということだ。同じ媒体ならば、スペースが大きくなるほど高額になり、小さいスペースになるほど低額になる。企業にとって、広告をどの大きさで出すのか、大きくて目を奪うものにするのか、小さくてもインパクトのある内容にして人目を引くのか、が重要になってくる。求人広告は、金額はもちろん、広告のデザインやコピーなど、複合的に考えなければならない。

例えば、釣りで考えてみよう。まず釣り場を探す、そして釣りに行く日を選ぶ、という前準備を済ませておく。そして、最終段階として,どう釣るのかを考える。釣りというのは、釣りたい魚によって、仕掛けや餌が違う。釣り竿やリール、餌も生き餌にするのかルアーを使うかなど、選択肢が無数にある組合わせから選び、釣果へとつなげるのだ。 漁場を前に釣り人は、いろいろな作戦を考えることに、わくわくするだろう。釣りたい魚に対して釣り方は無数にある。

求人広告も同じで、企業の数だけ、求める人材の数だけ、求人広告の出し方がある。だから、ここでは、その詳細を一つひとつ説明することはできないが、その中でも多少なりとも効果ある求人広告とはどんなものかという、ニュアンスをつかむことが大切である。その方法として、今まで出されてきた多くの広告を十分に確認して、その中から、自社にあった広告を基に自社の求人広告をつくるということも考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です