求人サイトは構造が重要

多くの制作会社は求人サイトの正しい構造を、明確に理解していない。不適切な構造の求人サイトは求職者にとって使いづらいだけでなく、検索エンジンにも評価されないため検索順位が上がらず、求職者にサイトを見てもらえない。

しかし、それぞれのページで適切なレイアウト・適切な機能の実装を行うことで、求人応募率をアップさせることができる。

そして、人材求人サイトのSEO(ホームページが表示される順位を上げる手法)対策で失敗しない方法をいうと、間違ったSEO対策は逆効果であるということである。ある日突然、検索エンジンの検索結果に表示されなくなるという悲劇も起こりやすい。古いWeb制作会社のなかには、過去のSEO対策(現在では逆効果なSEO対策)を続けている会社がある。求人サイトを作る前に、正しいSEO対策を理解しよう。

求人サイトは求職者の使いやすさを追求することが重要。実際に運営する求人サイトは、お気に入り、最近見た求人、検索した条件、まとめて問合せなど、求職者の視点で必要な機能を実装し大きく育っている。

求人サイトの使いやすさを高めるには、機能やデザインだけでなく「表示スピード」も重要である。求人情報をさくさく検索できることで、求職者の満足度がアップする。求人サイトでは超高速の言語を利用し、最新ソフトで作成されたサイトに勝るスピードを実現している。求職者視点で実際の使い心地を確認する必要がある。

最新の求人情報をハローワークから自動で取得・更新し、毎日更新していくことで求職者が集まりやすくなる。
求人情報更新の手間がかからないので、求職者と企業のマッチングに集中できるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です