新卒採用にて学生に分かりやすく自社をアピールする方法

新卒採用にて最も主流なのがインターネットの2大就職サイトですが、そのサイトへの上手な書き方を考えていきましょう。

第一に、学生にわかる言葉で書くことが大切です。現状多くの企業がプロフェッショナルな言葉や専門用語で書いてしまっており、伝えたいことが学生にきちんと伝わっていない可能性があります。企業目線で考えると、難しい文書でもそのくらいの文章が理解できないような人材は要らないという理論に陥りがちですが、そこが重大な盲点なのです。

どれほど素晴らしい内容で、メッセージに熱い情熱を込めても、読んでもらえなければそこで終わりです。まずは興味をもってもらうことが重要ですから、企業側ではなく相手側の目線に立つことが大切です。企業のみなさんが思っているよりも社会人と学生の違いは大きいのです。

学生は、世にでて働いたこともないですし、挨拶の仕方、メールの書き方等社会人にとっては当たり前のことも経験しておりません。企業向けの文章に触れる機会も少ないですし、企業側が当たり前と思っていることのほとんどが学生にとって当たり前でないということを念頭に置いて考えてみましょう。

具体的な方法としては、まず文章を作り、そこからどんどん簡単な言葉に直していくとやりやすいでしょう。 たとえば、「発展し続ける企業」←「成長しつづける会社」といったイメージです。

社会人にとっては大した違いは感じられないかもしれませんが、「発展」という言葉を理解しづらい学生がいるのです。 このように、キャッチコピーから職種、給与額の書き方など細部に至るまで、学生にとってわかりやすい表現を心がける必要があります。とにかく「優しい言葉」というのを意識することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です