他者からの紹介を介した求人方法

 求人というよりも、ほとんど採用方法と言ってしまって良いかもしれませんが、知り合いから、こういう人材がいまフリーなのだけれどどうか、といった形で人材が紹介される場合があります。知り合いからの紹介ということになると、人材の信頼度は一般の就職希望者よりも高いということが多いです。しかし、実際にその企業でやっている採用の過程を経ない採用のことが多いですし、内部の社員からコネを使ったと思われたり、自分たちの企業とは合わない能力の持ち主だったりすることもあるので、注意が必要になります。

 また、紹介という形ですと、人材紹介事業を営んでいる企業を利用するという方法があります。人材紹介事業企業を経由して、自分たちの企業が求めている人材の条件に合うような人をリストアップ、チョイスしてくれるので、会社が求めていた通りの能力で高水準な人材を採用できることも多いです。そして、普通の採用でかかる応募や面接などの費用や手間を省くことができるのも利点です。ただし、これは利点でもありますが同時に欠点でもあります。なぜなら、今後の求人、採用の方法を考える際の役には立ちにくいからです。そのため、今後も求人を行い、採用をしていくと考えている新規の企業はあまり適している方法とはいえないかもしれません。この方法が適している企業というのは、こういう仕事ができる人材が一人でもいたら、と考えている企業です。ピンポイントでその仕事に合った人材を、紹介企業が選んでくれるので確実性が高いといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です