優秀な人材を採用するために

 優秀な人材は中々採用することが出来ません。競争率が高く、他業種からの転職も珍しくありません。ですから中小企業がそうした人材を得るためには、訴求力のある求人広告を出す以外に道はないのです。優秀な人材が揃っている会社は、たとえ中小企業であっても業績を伸ばし続けます。そのことを採用担当者は留意し、振り向いてもらえるような広告を作成する必要があります。多くの採用担当者は、手間を掛けた割には優秀な人材が集まらなかったと述べますが、手間の掛け方が誤っていることに気付かなければなりません。ところでその「誤り」の責は採用担当者のみが負うべきものではなく、実は広告業界全体の問題が絡んでいます。

 求人広告業界は分業化され、サイトの運営会社は特定領域に特化したサービスを提供する傾向にあります。つまり「教育業界、建設業界に強い」などといった謳い文句を掲げるわけです。しかしこの現況は採用担当者を困らせます。どの広告業者に頼めばよいのか分からないからです。広告料の相場も判然としませんし、業種や職種が複数にのぼる広告を出すにはどうすれば良いのかも分かりません。一方、優秀な人材は業種を問わずに応募するため、複数のサイトを利用することになります。そうなると結果的に一つのサイトを閲覧する時間が短くなり、広告主である採用担当者のニーズからかけ離れた実態となってしまうのです。

 優秀な人を2人雇い入れたいのであれば、8人の応募者が必要だと考えて下さい。つまり採用予定人数の4倍の応募者を確保しなければならないのです。この結論はいい加減なものではなく、確かな論理に基づいています。応募者の半分は志望動機を持ち合わせていないことが多く、事実上残りの半分から選びます。さらに能力や年齢で振り落していくと、最終的に4分の1が残るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です