アピール対象の確定

 求人広告の内容を優れたものにするためには、まずアピール対象を確定します。つまり、「組織」「仕事のユニークさ」「待遇」のどれをアピールするのかを決定するのです。老舗に分類されるような企業であれば、「組織」を選択するのが無難でしょう。長年経営が続いている会社の中には、組織の基盤がしっかりしているところが多く、新興企業と差をつけるためにもその点をアピールするのは常道です。他方、ヒット商品を生み出して時流に乗っている企業や、新進の企業であれば、「仕事のユニークさ」が最大の武器になることは間違いありません。また、社風の良さを誇りとしている会社であれば、「待遇」をアピールポイントに出来るはずです。社風と待遇とは往々にして相関しているからです。  3つのいずれもアピールポイントとして使えない企業であれば、何か目立つ特徴を探り出さなければなりません。例えば社員の中に面白い人がいれば、その人のインタビュー記事を広告に充てることも有効です。また、社長の経歴が変わっていれば、それを打ち出すことで訴求力が高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です