若者へのアピール

 中途採用であっても、採用のターゲットを高齢者に絞っている企業は稀でしょう。やはり若者を採用して、長く貢献してもらうことを目的としているはずです。そうであるならば、閲覧者の中でも特に若者を応募に駆り立てるような広告を作成しなければなりません。とはいえ、何が若者を惹き付けるのかを知悉している採用担当者は少ないのではないでしょうか。若者と呼べる年齢層を定義するのも難しい話ですが、一般に第二新卒を含めた30代後半くらいまでを指すと考えられます。20代なら育てる対象として、30代なら即戦力として雇い入れたいことでしょう。獲得の競争率が激しいため、広告には出来る限りノウハウを詰め込まなければなりません。そのノウハウの前提となるのは言うまでもなくインターネットです。30代以下の人がインターネットを使わずに求職活動に励むことは考えられません。若者の転職者の多くが新卒採用時に大手のエントリーサイトを利用しているため、転職活動でも引き続きネットを頼りにして応募するのです。

 インターネット上の広告業者は2つに大別されます。一つは業種を問わない総合的な求人情報サイトで、もう一つはターゲットを絞った、専門職専用の求人サイトです。いずれにしても閲覧者の恣意的な検索結果として求人広告が表示される方式のため、閲覧者の検索行動を予測して広告を出す必要があります。紙媒体とは異なり、偶然見てもらうことは期待できないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です