年齢的な経験値はアピールポイント

ある程度の年齢の人々の転職は、若い世代の転職とは求められる事が異なり、アピールする分野を間違えると採用されにくくなる可能性があります。例えば、面接で長所を聞かれた場合、コミュニケーション能力に富んでいるといったようなアピールをすると、年齢的な経験値から円滑な対人関係を図る能力は当然であろうと判断され、プラスの要素とならない可能性もあります。ですので、若い世代との比較を表す意味でも、長年の経験から、コミュニケーション能力に加え、○○的な要素に長けているといったプラスアルファが欲しいところでもあります。日頃から、長年の社会人生活で養った忍耐力や強調力は、あえて当たり前の長所と考え、その他にプラスアルファとして自分のセールスポイントをみつけておく必要があります。採用面接の場で、質問されてから答えるのではなく、日常から自分はどんな人物であるのかとういう問いに答える引きだしを用意しておきましょう。たくさんの経験値をもっていても、面接できちんと相手の質問に的確に応対できるような引きだしを蓄え整理しておかないと、若手の求職人との差別化は図れません。書類選考や面接では年齢がメリットであるという説得力が必要です。自身の潜在的な魅力に、自分自身が、まず気づかなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です