面接時は会話力が勝負

職歴や過去の業績を提示することはもちろんですが、趣味やスポーツを通した人間力が問われる現場もあるはずです。体力的には、人間は40代から下降の一途を辿ると言われていますが、スポーツや趣味で育まれた人間的、体力的な基盤が、豊かな人間性を育むと評価され、採用後の成績や社内の業績にプラスアルファとなる人材として考えられています。書類選考が通りにくいと感じたら、仕事以外に、プラスアルファとなる要素をアピールしてみましょう。高校生の時代に、甲子園に補欠で出場したという経歴なども、面接時の会話力がアップする要素となります。書類選考の時点で、そのようなアピールポイントを書き加える事は、大変アピールポイントが上がると考えられています。書類選考の時点では、補欠出場などと注釈は付けずに、堂々と甲子園出場と書きましょう。レギュラーは補欠の存在に支えながら、マウンドに立つのですから、出場には違いありません。実際に、面接で詳しく聞かれたような場合は、補欠でしたが、当時の厳しい練習が今の自分を形作っているといった甲子園出場までの秘話などを交えて、自分が自信のもてるセールスポイントを伝えましょう。書類選考や、面接は限られた時間、限られた文面で自分を伝える場です。伝えなくても良いものは省き、的確に自分自身を求人採用担当者にアピール術が必要です。転職以前の自分がどのような経歴を重ねてきたのかというストーリーを描くように、伝えたい出来事をまとめておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です