接客業の退職率

 実は転職活動している人の業種の比率を見ると、接客業や営業が多いことが分かります。これらの仕事は自分の能力が十全に発揮されていることを認識し辛いという特徴があり、おまけに待遇も他業種と比較して高くありません。優秀な人は歩合制で相応の収入を得られることもあるのですが、そのような人はごく一部に過ぎないのです。接客業の場合、沢山の客を相手に汗を流しても給与額が増えることはありません。営業の場合、外回りで汗を流しても契約を取り付けられることは稀です。こうした業務を長く続けていると、次第に転職願望が出てくるのも理解できるというものです。

 彼らが転職先の候補としてよく挙げるのは、広告業や税理士事務所です。仕事内容に惹かれるというよりは、待遇の良さが決め手となっているようです。確かに広告業や税理士事務所は、比較的高給を期待できる業種ではあります。また、長年勤続することで、税理士、会計士といった資格を取得できる可能性も高まります。転職先としては申し分ないでしょう。最近は働きながら資格の取得を目指す人も増えており、その流れに乗って転職を決意する人も中にはいるはずです。

 接客業に携わっていた人が目指す転職先としては、他に海外の企業が挙げられます。海外に憧れを抱いている人は、日本の接客業のあり方に疑問を持つことも珍しくありません。早々と退職し、日本を脱出してしまう人さえ存在します。もちろん行動力だけが成功の鍵ではありませんから、理想とは異なる海外の事情に打ちのめされることもあります。しかし日本経済そのものが衰退している中で、海外という選択肢はよりメジャーなものとなっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です