転職相談会

皆さんは、自分の働き方に自信がありますか?そう切り出したのは、転職の相談の講習会で、運営全般を行ってくれたキャリアコンサルタントのFさんでした。Fさんは、主に大学のキャリアセンターなど教育関連機関で、学生たちの就職の相談窓口を担当しているベテランのキャリアコンサルタントです。「キャリアコンサルタント」とは、2016年4月に国家資格として創設された、仕事上のお悩みや、職場環境を良くする為のアドバイスを行ってくれる、職場に関するアドバイザーの専門家さんです。皆さんが、キャリアコンサルトさんに出会える場所と言ったら、大学の構内であったり、企業内であったり、人材派遣所やハローワーク、人材紹介所などが、主な場所と言えるではないでしょうか。Fさんは、大学の構内のキャリアセンターなどで、主に学生さんに向けて、キャリアコンサルティングを行っているそうです。キャリアセンターのネーミングが聞き慣れない人は、就職課や就職部などで、聞き覚えはありませんか?Fさんが所属するキャリアセンターでは、就職活動をする学生さんの、就職にかんする相談を受けたり、エントリーシート作成の支援を行ったり、面接の指導、より適性のある就職先をみつける為の自己分析などのお手伝いとして支援を行っているそうです。こういったキャリアコンサルタントの支援は、ニートと呼ばれる無職者層や、ひきこもりや不登校の若者等に向けて、独自の支援を行う事もあるそうです。Fさんは、教育機関で学生たちの就職活動に関する悩みや、相談に触れる機会が増える度に、実際の社会で労働するする人たちの職場環境の声に、より興味を持ち始めたそうです。学生の相談に、きちんと向かい合いたいと考え始めた事が、きっかけで、転職や再就職をめざす社会人向けの講習会にボランティアとして自主的に参加するようになったそうです。Fさんの投げかけた「自分の働き方に自信がありますか?」という問いに、挙手をするような参加者はいませんでしたが、Fさんが「自分の働き方に自信はなくとも、生きる事を楽しむ方法を考える会にしましょう」と問いかけてくれたので何だか、気が楽になりました。実はこの転職講習会に参加する前に、何社かの人材派遣会社や人材紹介所などを周ってみたのです。なんだか、自分には居心地が悪く、気乗りしない職場ばかりを紹介され、息が詰まりそうになっていたからです。現在は、魚の卸売関係の職場に所属していますが、市場の開かれる時間帯の関係上、勤務時間が昼と夜、逆転してしまうのが辛くて、転職を考えはじめていました。ですが、そんな悩みを職場の人たちには溢せず、なんだかんだ10年以上、勤めあげてしまいました。現在の仕事が嫌な訳でもなく、人間関係も悪いわけでもないのですが、生活リズムがどうしても自分には、合わない気がしているのです。キャリアコンサルトのFさんに、「自分の働き方に自信はなくとも、生きる事を楽しむ方法を考える会にしましょう」と言われ、仕事は嫌いではないけれど、その仕事のタイムスケジュールが原因で、自分の人生が楽しくないのであれば、転職を考えても良いと許された気がしました。今回、転職講習会に参加して、初めてキャリアコンサルティングなどという職業がある事を知りましたが、職場の適性をアドバイスしてくれる専門家が世の中にいるなんて知り得ただけでも、なんとなく安心感が湧いてきました。キャリアコンサルトのFさんの出会いから、前向きに転職を考えてみるキッカケが生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です