求人広告の実際

求人広告の書き方については、採用担当者であれば、基本的な事項を頭に入れているはずです。しかし競合他社と争う上で、より求職者を惹き付ける内容にするには、それなりの工夫が必要になります。ここでは誰でも実践できる、求人広告の効果的な作成法を説明したいと思います。例えば貴社がホームページ制作業者だったとします。いわゆるWEBデザイナーに欠員が生じました。あなたが採用担当者なら、どのような求人広告を作ろうとするでしょうか。まず最初に考えるべきは、デザイナーとして自社が望む人材像です。そしてそれを基に、「募集背景」を思いつくだけ書き出してみます。具体的には、募集の理由(欠員)、募集人数とその理由、採用活動スケジュール等が考えられるでしょう。加えて、求める人材像をより具体化するために、「人材用件」も書き出します。必要な資格、実務経験に関する条件、性格等が思いつくはずです。これらを纏め上げ、フォーマットに落とし込めば、実際の求人広告がイメージし易くなるでしょう。さて、希望する人材像を掲載するだけでは、求人広告は完成しません。求職者が安心できるように、労働基準法が守られていることをアピールしなければなりません。そのためには、いわゆる労働条件の7項目を掲載することを忘れないようにします。業務内容、雇用形態、契約期間、就業場所、賃金、福利厚生がそれに当たります。勤務時間については、所定労働時間を超えるケース、休日のあり方も明記します。賃金については各種手当、昇給に関する取り決めも掲載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です