求める人材像と研修との関係

 どの業種の企業であろうと、採用活動において「求める人材像」を設定することは欠かせません。いわゆる「即戦力」を採用したい場合は、それほど設定に苦労しないでしょう。「専門スキルを有している人」などと書かれた求人広告を出すだけで終わる話だからです。しかし即戦力の人材に拘り過ぎると足を掬われる可能性があります。入社してからじっくり育てるという姿勢こそ、中小企業の採用担当者にとって大切な心構えなのです。では研修を前提とした人材像設定は、具体的にどのようなものなのでしょうか。一言で言えば、「伸びる可能性が高い人」を求めることです。間違っても競合他社から転職してくる人に目を奪われないで下さい。彼らはスキルを有しているかもしれませんが、転職理由は謎に包まれています。面接で見抜くことなどできません。また、経歴の立派な人に対しては、それなりの給与を提示しなければなりません。中小企業にそれほどの余裕はないでしょう。そうしたリスクを抱え込むくらいなら、教育しがいのある若者を採用した方が無難なのです。因みに新卒等の採用基準は研修を前提としますから、特別なスキルを要求する選考にはなりません。人間力があり、成長スピードが速いと思われる人材を確保すればよいのです。仮にパーフェクトな人材を欲しているとしましょう。人間力、成長可能性、即戦力の全てを兼ね備えた人を求めるケースです。この場合は、大企業と採用を争わなければなりません。確固とした戦略、企業ブランディングは必須です。外部のコンサルタントに依頼する他なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です