新卒採用と中途採用

 新卒採用と中途採用とを比べると、中小企業は誤った認識を持っていることが分かります。採用担当者の多くは、「新卒採用は中途採用よりも難しい」との前提で事を進めるのですが、実際は真逆です。採用担当者がこのように考えるのは、中小企業は優秀な人材に相手にしてもらえないと諦めているからでしょうが、そのような態度はすぐに改めるべきです。確かに初めから大企業ばかりを希望する新卒者は存在します。しかし新卒者の大多数は中小企業も選択肢に入っています。彼らは中小企業であろうと、経営者が魅力的な会社や転勤の恐れがない会社、地元密着の会社といった特徴があれば、惹き込まれてしまうのです。ですからこうした彼らの志向に応じるように採用活動すれば、優秀な新卒を見つけるのには苦労しないはずなのです。

 他方、中途採用は経歴やスキルが物を言う世界であり、新卒採用よりも失敗する可能性が高いと言えます。何故なら、経歴だけで採用してしまうと、面接で隠していた欠点が入社後に露になり、会社に大きなダメージを与えるからです。もちろん経歴もその他も申し分のない人はいますが、そのような人は中々エントリーしてくれないでしょう。「即戦力」に拘らないことが何よりも大切なのです。即戦力となり得る人材は業務経験も専門知識も持っています。教育する必要が無いため、経営者にとってはどうしても魅力的に映ります。しかしそこまで切羽詰まっているということは、そもそも経営が上手く回っていないのだと言えます。採用活動のみでは、そうした事態を好転させることはできません。「即戦力」に頼る前に、まずは改善できるところを改善するように努めましょう。

【ミスマッチを防ぐための求人極意 | 上手い求人を出すコツは難しいようで意外と単純】最初のページへ