薬剤師を目指して

薬剤師になるまでの過程にはどのようなことがあるのでしょうか。まず薬剤師になる為には、大学の薬学部・薬科大学に進学し6年間の勉強が必要となります。その後薬剤師国家試験に合格することで晴れて薬剤師としての資格を得ることが出来るようになります。かつては、薬学部・薬科大学も他の学部同様に4年制だったのですが、2006年度より医学部と同様の6年制へと切り替わりました。これは、医療の高度化・医薬分業が進んだことを背景として薬剤師にも今まで以上のスキル・知識が求められるようになった為です。この6年間のカリキュラムの中で、薬について学ぶだけでなく、薬を通じて人々の健康を守るための知識や実践力を身に着けていけるように長期の実務実習も設けられています。薬学部の中には元来通り4年制の学科も存在していますが、これは薬剤師育成のための教育課程ではないため、卒業したとしても薬剤師国家試験を受ける資格を得ることはできないのが特徴です。(2017年までの入学者に限り条件を満たせば薬剤師国家試験の受験が可能だそうです。)また、大学によっては編入学制度や社会人入試制度を導入しているところもあるようです。遠回りにこそなりますが、薬学部以外の大学・短期大学などに進んだのちに薬剤師を目指そうという人にも道が開かれているのです。ちなみに4年制課程の薬学部・薬科大学を出た後は薬学関係の大学院を修了し、不足している科目・実務実績などの単位を取得する必要があります。そして構成労働大臣による認定を経てようやく薬剤師国家試験に受けることが出来るようになります。

【ミスマッチを防ぐための求人極意 | 上手い求人を出すコツは難しいようで意外と単純】最初のページへ