認定看護管理者

認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)とは、公益社団法人である日本看護協会が提供している、病院や介護老人保健施設などの管理責任者として必要な知識を持ち、患者・家族や地域住民に対して質の高いサービスを提供できるよう組織を編成したり、運用していくことができる能力を有する看護師と認める審査に合格した看護師のことです。
認定看護管理者には、「管理者」として、病院や介護老人保健施設の副院長や看護部長になったり、あるいは訪問看護ステーションの「所長」や「師長」として活動している人もいます。
また、認定看護管理者の教育課程には3つの課程があり、それぞ「ファーストレベル」「セカンドレベル」「サードレベル」と呼びます。
専門看護師、認定看護師に比べるとより「看護部門の管理者」としての方向性が強く、医師の業務を振る、というよりは現場の看護が円滑になるように全体の管理・運用・サポートを行うポジションと言った印象ですね。
一見医師の業務の再編には関係性が低い立場のように思えますが、「医師業務に関連性の高い人員を、看護側の管理に充てては再編に不適切」であるとも言えます。能力の高い方には任せたい業務が多く悩ましいところですが