求人からお仕事を探す上での心構え

たとえば訪問看護師としての心構えとして、脳裏の片隅に置いておいて欲しい事は、まず、訪問先では、基本的には、1人で業務を行うという事です。時として、身体的にも、精神的にも負担を抱える事もあるかもしれません。もちろん、看護ステーションに所属をしているので、訪問看護チームとしての認識があるかもしれませんが、主な業務は1人で行う事になります。訪問看護の現場には、医師が伴わない事があるという覚悟が必要です。総合病院などでは、常にドクターの支持や、周囲には先輩看護師、同僚の看護師の存在がありますが、訪問看護師は、基本1人で業務を行う職種となります。1人で療養ケアを行うという事は、自己判断がる程度必要となってきますが、あくまでも医療行為への支持が、医師からの支持を仰ぐ必要がある事を忘れてはなりません。1人での業務とはなりますが、自分の行動を第3者的な観点から俯瞰して見られるような、気持ち的余裕も必要となってきます。

たくさんある看護師向けの求人の中からお仕事を探す上では、まだその全容が分かりづらいなどとの理由から、看護師さんたちの中でも求人応募を避ける傾向があったとも言われていましたが、現在は、今後のニーズなどから、人気急上昇中とも言われています。病院などの施設内でのお仕事ではなく、対人的な蜜なコミュニケーション能力を求められると同時に、看護師スキルの上でも、求められる水準は必然的に高くなってきます。「看護師 求人」には、アットホームな職場といった明るい雰囲気を前面に出した求人が多いかもしれませんが、在宅ケア、訪問看護の実態としては、人間の生と死を目の当たりにし、厳しい現実を目の前にしていかなくてはならない、そういった厳しい世界の看護とも成り得ます。自分自身に対しても、常にシビアな覚悟が必要となります。高齢化社会に向けて、急成長を迎える分野の看護求人となります。