すぐに辞めたくなった場合

新たな職場で働き始めて、すぐに辞めたくなってしまったという場合もあると思います。しかし、仕事に慣れたら変わるのかもしれない、自分に悪いところがあるのかもしれない、などと考えてなかなかすぐに辞めるという決心はつかないことも多いでしょう。では、辞めたくなる時にはどのような理由があるのでしょうか。
よくあるパターンとしては、実際に働いてみた時に思っていた内容と違う、ということです。仕事内容について元々聞いていた話と違う、定時で帰れると聞いていたのに残業が多いなどです。中には給与や手当などが違っていたという場合もあるそうですので、契約の時点で気付けるよう、よく確認した方がいいでしょう。他には、人間関係で難しいと感じてしまう場合です。悪い上下関係ができあがってしまっていて窮屈に感じる、イジメなどの問題などがあることもあるそうです。少し我慢をすれば上手くいくという小さなレベルや、精神的に大きな苦痛を感じる問題あるレベルなど、大小は様々と言えるでしょう。
これらの問題に直面した時、すぐに辞めてしまうのではなく、もし可能であれば、まずは上司などに相談してみるのが良いでしょう。仕事内容を変えてもらえる、勤務形態を見直してもらえる、配属している科自体を変えてもらえるなど、良い方向にいくことも考えられます。逆にすぐにでも辞めた方が良い場合は、相談しても解決できなかった場合、イジメが酷い場合、サービス残業が多すぎるなど勤務形態について法的に問題がある場合などです。特に試用期間であれば転職活動にも不利になりません。普通のレベルではないと感じた時には、精神的な苦痛も最小限で済ますために、すぐにでも辞めた方が良いでしょう。